【月面エックスが観測出来る日】2016年6月12日の上弦の月の月面Xって何?

雑学

2016年6月12日は、年に数回しかない月面エックスが観測できる日なのです。

【月面エックスが観測出来る日】2016年6月12日の上弦の月の月面Xって何?:www.idobata.link

「え!?月面エックスって何!?」と思われる方が大半なのではないでしょうか?

上弦の月の本日に観測できる月面Xについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

月面X(エックス)って何?

月面エックスとは、隣接する3つのクレーターに、とある角度からの太陽の光が当たることで月の月面にエックスと言う文字が浮かび上がります。

上弦の月の時にだけ観測できる現象で、月面エックスと呼ばれています。

海外では、ルナエックスだなんて呼ばれていますね(^^

月=ルナです。

そんな月面エックスは、残念ながら肉眼で見ることができません。天体望遠鏡を使って、観測できる現象なのです。

月面エックスが現れる上弦の月って何?

【月面エックスが観測出来る日】2016年6月12日の上弦の月の月面Xって何?:www.idobata.link

そもそも、上弦の月とは何なのでしょうか?

月面エックスも聞きなれなければ、上弦の月って聞いたことはあるけど何だっけ?と思われてる方も少なくないはずです。

上弦の月とは要するに「半月」の事で、新月から満月に向かう時の半月のことを上弦の月と呼びます。

反対に、満月から新月に向かうときの半月のことを、下弦の月といいます。

上弦の月と下弦の月というのは、出てくる時間も違うのです。

上弦の月とは、なんと昼間に出てきて深夜に沈んで行きます。

その反対に、下弦の月とは深夜に出て昼間に沈む月なのです。

なんとなく上弦、下弦でイメージがわきますね。

スポンサーリンク

月面エックスはどっちの方角で観ることができるの?

【月面エックスが観測出来る日】2016年6月12日の上弦の月の月面Xって何?:www.idobata.link

ということが今回の上弦の月と言うのは、夕方には空を見上げるとぽっかり浮かんでいると言う事ですね。

6月12日本日の上弦の月は、夕方南の空に浮かびます。

ちなみに、6月の下弦の月は28日の明け方に南の空に見えます。

昨日は、月と木星が並んで輝いていた日でした。

今日は、月が木星の左側に移動して月から離れて行ってしまったため、月と木星は残念ながら並んでは見えません。

本日の上弦の月は、乙女座の21度の方向で見えるので、ぜひチェックしてみてください。

月面エックスを観ることができる時間帯は?

年に数回しか見ることができない月面エックスなので、見ておくに限りますね。

今現在日本では、梅雨の影響受けて星空があまりきれいに見えない場合が多々あります。

梅雨の影響受けない北海道では特に月面エックスは見ものだとされています。

せっかくなので、望遠鏡で夜空を見上げてみると良いでしょう。

時間帯は、6月12日の21時半前後約1時間ほど見れると言う予測です。

このような機会に夜空を見上げ、リラックスした時間を過ごしてみるのも良いですね。

夜空をみるだけで、精神的にリフレッシュできる効果があります。

ああ、明日からまた仕事でいやだな…。なんていうサザエさん症候群に陥ってる方も、是非夜空を見上げてみてください。

肉眼では、月面エックスをみる事はできませんが、夜空に浮かぶ上弦の月はチェックすることができます(*^_^*)

スポンサーリンク