おすだけで蚊がいなくなるスプレーは安全!?ピレスロイドの危険性について

雑学

暑い日が続くようになり、そろそろ日本も蚊が出てくる季節になりましたね。

おすだけで蚊がいなくなるスプレーは安全!?ピレスロイドの危険性について:sekaiissyuuhuhu:idobata.link:

近年では、海外からデング熱などの「蚊を媒介とした伝染病」が入ってくるようになり、蚊の危険性が増してきました。

そんな中、便利な殺虫剤もたくさん出ていますが、おすだけで蚊がいなくなるスプレーは安全なのかについて、解説していきます。

スポンサーリンク

蚊対策に便利!ワンプッシュで蚊がいなくなるスプレーとは?

蚊の季節にとっても重宝する、ワンプッシュおすだけで蚊がいなくなるスプレーをご存知でしょうか?

ワンプッシュ部屋の中でするだけで、24時間蚊に有効な、あのスプレーです。

実は、私は蚊の多い国に行く時などかなり使い勝手が良く(持ち運びもかさばりませんし)重宝してました。

本当にワンプッシュで蚊がいなくなるため、かなり重宝していたスプレーでした。

どこの国の蚊にも有効でした。

が、先日スプレーが肌にかかってしまい、大丈夫かと思ってそのまま放置していた所、体中がしびれて大変な目にあった事がありました。

蚊対策のスプレーは注意書きを必ず守って使用する事

おすだけで蚊がいなくなるスプレーは安全!?ピレスロイドの危険性について:sekaiissyuuhuhu:idobata.link:

もちろん、おすだけベープには、【お部屋用】とはっきりと書かれていて、注意書きとして人に直接かけない事と書かれています。

誤ってかけてしまったのは、自己責任です。

このスプレーが悪い訳でも何でもありません。

直接人にかけてしまう事で、体が痺れてしまう場合もあるという事もあるという事です。

万が一、キャンプなどに出かけて「ここは蚊が多そうだから、このスプレーを体にかけておこう」

だなんていう事は、絶対にしないようにしましょう。

スポンサーリンク

蚊がいなくなるスプレーが体にかかってしまった時の対処法

万が一、ワンプッシュで蚊がいなくなるスプレーが体にかかってしまった時の対処法は、

  • よくうがいをする事
  • 体中をかなりよく洗い流す事

です。

必ずすぐに、お風呂に入って体を洗うことです。

蚊対策スプレーが体にかかってしまった時の私の症状

私の場合は、スプレーがかかってしまったのは腕と足でしたが、一番最初は唇が痺れてきました。

そして、目のあたりが痺れてきて、次に腕が痺れてきました。

最後に、足が痺れて来て「これはさすがにまずいかな…」と思いましたが、海外にいてその時どうしてもお風呂に入れる状況ではなく病院にもすぐにいける状況ではありませんでした。

数時間後にようやく体中を洗い流しましたが、まだ痺れは取れずで、結局翌日まで痺れは残りました。

段々と痺れは薄れて行き、24時間後位には、痺れは無くなっていました。

ワンプッシュで蚊がいなくなるスプレーのピレスロイドとは?

ワンプッシュで蚊がいなくなるスプレーは、蚊の神経細胞に入りこませる事で麻痺やけいれんを起こさせて殺虫するスプレーです。

ピレスロイドという成分が使われていて、この成分が神経を麻痺させる成分になります。

通常のきちんとした用法を守った使い方をすれば、人などの哺乳類や犬や猫などには問題がないとされています。

こちらのピレスロイドは、人にはほとんど影響がないと言われている成分です。

虫などには直接作用しますが、人などの場合には体内に入った場合、酵素によって代謝されると言うものなのだそうです。

人への影響は少ないと言われています。

私の場合の症状は、体中のしびれでしたが、その方その方によって症状は異なってきます。

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 痺れ
  • めまい
  • 痙攣

などさまざまな症状を引き起こしてしまう事にもなるため、取り扱いには充分注意が必要です。

万が一、人体に直接かかってしまい、うがいをしたり洗ったりしても症状が治まらない場合には病院に行き、「ピレスロイド系の殺虫剤がかかってしまった」事を伝えるべきです。

ワンプッシュで蚊がいなくなるスプレーは用法を守れば安心?

ワンプッシュで蚊がいなくなるスプレーですが、用法を守ればそれなりに安心して使えるはずです。

しかしながら、あまり体が丈夫ではない方、赤ちゃんやペットなどがいるおうちでは、毎日頻繁に使うのは避けた方が良いかもしれませんね。

もちろん、私は蚊が多い国に行くことも多いため、蚊から身を守るために大変重宝していますが、直接体にかかってこれだけの影響が出るという事は、かからなくても積もると何かしらの影響が出る可能性もあるかもしれません。

健康な大人には、特に影響はないかもしれませんが、どうなのでしょうか。

天然のものでの蚊よけ対策も可能

前述のしびれの一件があってから、伝染病が流行ってる地域へ行く時以外は天然のものを使う事に決めました。

もともと、私の場合は口に入れるものなども天然のものを好む傾向にあるため、蚊よけのスプレーに関しても少し敏感になってるだけかもしれません。

今私がいる国では、

  • レモングラス
  • ハッカ油

などの天然のハーブ類を利用した蚊よけのスプレーが売られています。

オーガニックのハーブの蚊よけを使っていますが、これで充分蚊よけになっています。

蚊が嫌いなにおいで、蚊を寄せ付けなく出来ています。

蚊よけのスプレーは、蚊を媒介とした伝染病が流行ってる地域では本当に重宝します。

色々と予防接種はしてますが、蚊を媒介とした伝染病に関しては予防接種がないものが多かったりします。

そのため、蚊にさされないように注意しなければなりません。

そんな時に本当に便利なスプレーですが、日常使いはもう少しソフトなタイプを使おうと思った次第です。

もちろん、色々な考え方がありますし、製品自体はものすごく優れてるスプレーだと思います。

日本の薬事法をクリアしてる訳ですから、高品質ですし体への影響も最小限でしょう。

きちんとした使い方をしていれば、特に問題もないはずです。

体に直接かける事がなければ、ほぼ問題もなく使うことができるでしょう。

体に直接かかってしまったばかりに、色々と殺虫剤について考えるきっかけとなりました。

蚊の季節が到来します。

蚊よけのスプレーを使う際には、取扱いに充分注意をして使ってください。

スポンサーリンク