【東京ラブストーリーあれから25年】25年後のかんちとりかの未来が描かれた連載が11月にスタート!?

国内

「東京ラブストーリー」は、おそらく私と同世代の多くの人が見たことがある、そんなドラマなのではないでしょうか?

【東京ラブストーリーあれから25年】25年後のかんちとりかの未来が描かれた連載が11月にスタート!?

柴門ふみさん原作の漫画がドラマ化されたもので、当時学生だった私も子供ながらに楽しみにしていた、そんなドラマでした。

東京ラブストーリーの続編、25年後のアラフィフになったかんちとりかの未来についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

東京ラブストーリは青春でした!?

あれから27年の年月が経ってるとは、なんとなく信じられない気がしています。

でも、実際に数字を見せられると、「東京ラブストーリーが放映されてから27年の年月が流れていたんだ」ということに感慨深い気持ちでいっぱいです。

東京ラブストーリーをきちんと見たのは、初めて放送されてから何年か経過した後でした。

なんどもなんども再放送された、かなりの人気ドラマでしたね。

生放送は、母が見ていたのをリビングで勉強しながらこっそり見ていた程度でしたが、それでも「なんて面白いドラマなんだ」とあの頃の私にとってはかなり刺激的でした。

そして、なんとなく子どもながらに納得がいかないドラマでした。

これが大人の世界なのかな、、、なんていろいろなことを考えた覚えがあります。

そして、最終回で妙にどこかの駅でりかが結んだハンカチが頭に残り続けていました。

25年後の二人の未来が

【東京ラブストーリーあれから25年】25年後のかんちとりかの未来が描かれた連載が11月にスタート!?

あれから25年経過した後の、かんちとりかの未来が、柴門ふみさんによって描かれたのが今年の1月です。

スピリッツと言う漫画で連載されたのです。

そして、2016年の11月10日より「女性セブン」で連載されることが決まったのです。

2017年の1月には、コミック発売も決まってるようですね。

東京ラブストーリーでは、3年後の三上の結婚式の時、りかはかんちとさとみが結婚したことを知ります。

そして、二人を祝福します。

なんとも言えない、後味が悪い終わり方でしたが、柴門ふみさんによると25年後の未来を描くことで、東京ラブストーリーを描ききったと言われてました。

スポンサーリンク

かんちとりかの不倫ではない!?

最初にネタバレですが、柴門ふみさんが言われるには「かんちとりかの不倫物語ではない」とのことです。

あれから25年後の未来なんて言われると、短絡的な思考で「どうせ不倫ドラマなんだろうな」なんて思ってしまいますからね(^_^;

実際、私もそう思いました。

終わり方も終わり方でしたし、りかが「かんちと別れたことは最大の後悔」だと思ってるわけですし、なんとなくそうなるのかと勝手に予想してましたが、実際は全く違うものなようですね。

あれから、二人の中で「二人の恋」はどう解決されて行ったのか、良い思い出に変わっていったのか、どんな25年を歩んでいったのか、アラフィフになった二人はどんな人生を歩んでいるのか、いろいろと気になるところですね。

それと同時に、あれから27年もの年月、自分自身の歩みを振り返るきっかけとなりました。

人の人生は、その時その時の選択によって大きく変わっていきますよね?

自分自身の選択により、今の自分がいるわけです。

東京ラブストーリーにしても、同様ですよね。

25年の人生を振り返ってみて、もちろん忘れ去りたい失敗もたくさんしてきましたが、今が幸せなら自分でしてきた選択は間違ってなかったんだなと思えます。

物語というのは、先を想像させる余韻を残すから、面白いものなんだということも、大人になるにつれて、そしてたくさんの物語に触れるにつれて思うようになりました。

そんな物語の続きを、27年も経った今知ることができるだなんて、なかなかないことです。

東京ラブストーリーを見ていた世代の方々は、もしかして一番アラフィフ世代が多いのかもしれませんね。

きになるという方は、11月10日発売の女性セブン11月24日号をチェックしてみてください。

全七回の連載予定だそうです(^_^)

スポンサーリンク